イベント情報

2020年12月 『ULTRAMAN POP UP STORE 2020-CREATOR EDITION-Ⅱ』

渋谷西武『ULTRAMAN POP UP STORE 2020-CREATOR EDITION -Ⅱ』に参加します。
このイベントはテレビ放映55周年を迎えるウルトラマンシリーズをテーマに、国内外で活躍するクリエーターとのコラボ商品やホビー、ファッションからライフスタイル雑貨など、ARTな商品を展開するイベントです。店頭での会期は12/1(火)~7(月)、西武渋谷店B館5階で作品をご覧になれます。
販売方法は商品により異なり、三木作品は応募抽選販売です(ウルトラマン&アートクリエイターコラボ限定作品)。私は9月の第1弾に続き、ウルトラマンタロウとマーガレットベアのキャラクター”おもちうさぎ”とのコラボ作品“ウルトラマンタロウオモチ”を出品致します。全長約38cmの特大サイズ。今回は1体のみとなります。
ご購入方法は、会期中に店頭または郵送での応募受付後抽選、当選者の方へ販売(店頭お渡しまたは代引発送)となります。遠方にお住まいの方もぜひご利用下さい。詳細は西武渋谷店HPに掲載されていますので、購入ご希望の方は必ずそちらをご確認下さい。

<ウルトラマンタロウオモチ>
※詳細は以下<三木作品画像・詳細>をご覧下さい。
02_ポーズ21294.jpg

<イベント概要>
『ULTRAMAN POP UP STORE 2020-CREATOR EDITION-Ⅱ』

【日時】 12/1(火)~7(月) 10時~20時

【会場】 西武渋谷店 B館5階 プロモーションスペース 

【入場料】無料

【三木作品のご購入方法】
 ・応募抽選販売(上記会期中に会場および郵送※で購入応募受付) ※郵送は消印まで有効
 ・会期後当選の方に店頭お渡しまたは代引配送可(作品代金のほかに送料・代引手数料がかかります。)
… 作品の販売方法詳細は以下西武渋谷店のご案内を必ずご確認下さい。
https://www.sogo-seibu.jp/shibuya/topics/page/201113B5F1promotion1201-1207.html 

 

<三木作品画像・詳細>

三木作品 
 『ウルトラマンタロウオモチ』 L-01 

…作品、お手入れブラシ、人形箱付 限定1体
 価格 66,000円(税込)


01_メイン21300_800.jpg


[サイズ] 
全長約380mm,座高約320mm ,重さ約600g 

[素材]
本体:アクリルファー・ウールフェルト(内耳)
目:オニキス(天然石)
ジョイント:ハードボード(首)
詰め物:化繊綿・樹脂ペレット(胴)
鼻・口:刺繍糸
胸ボタン:ガラス・ミニチュアファー 
鋲:樹脂芯・ミニチュアファー
額:樹脂製ラインストーン
耳・頭部突起・尾:樹脂ワイヤー入り(多少の形状変更可)

【作品の動画はこちらからご覧頂けます】
(Instagramを表示します)
画像
(クリックで拡大できます)
タロウオモチの
ミニ解説
taroomochi1.jpg
taroomochi2.jpg
【デザイン】

ウルトラマンタロウをイメージした約38cmの大きくてもふもふのウルトラヒーローうさぎ作品。首可動。写真の白いうさぎの型紙をベースに大きさやデザインをアレンジした特別な作品です。

布は同素材の赤とグレー2色を切り替え(下半身)とアップリケ(上半身)に。頭・上半身・ブレスレットに付けた全63個の鋲は1つずつミニチュアファーで手作り。ツノはうさぎ耳の輪郭に樹脂ワイヤーを入れて形を整えています。歪んでも直せます。

装飾には可能な限りぬいぐるみらしく毛足のあるファー素材を使い、本物のタロウのビジュアルに少しでも近づけるよう全体のデザインを工夫しました。ただし、おもちうさぎの柔らかでぽっちゃりな感じはいつものままです☆大きくて、抱っこするにも飾るにも存在感のある作品になりました。
19_サイズ感21328.jpg 【サイズ感】

手で持つとこのような感じになります。おもちうさぎシリーズの中では最も大きなタイプです。オリジナルおもちサイズの約250%。

<作品サイズ>
全長約380mm,座高約320mm
重さ約600g
07_立ち姿正面21315.jpg

【立ち姿】(前面)

今回は座らせる作品ですが、足を伸ばした全体の姿はこのようになっています。
腰~足の部分は赤とグレー2色の同素材ファーを切り替えて縫い合わせ、肩のグレーの部分は鋲を付けた後アップリケで本体に縫い付け、少しボリューム感を出しました。

08_立ち姿背面21314.jpg 【立ち姿】(背面)

前面と同様に腰~足の部分は2色のファーの切り替え、肩の部分は鋲を付けた後アップリケで本体に縫い付けボリューム感を出しました。うさぎらしいヘラ状の尻尾が特徴です。
05_右側面21316.jpg

【座り姿】(右側面)

側面からはうさぎらしい耳(ピンク色の内耳)が見えます。
尾の部分には樹脂ワイヤーを入れており、写真のように足を前方に曲げ尾を支えにして座らせることができます。

06_左側面21317.jpg 【座り姿】(左側面)

右側面と同様ですが、左腕にはもふもふのタロウブレスレットを付けています。
02_ポーズ21294.jpg
03_首振り21292.jpg
【首を回したポーズ】

この作品は重さがあるため座らせる作品として仕上げています。
首の部分には胴体とのジョイント部品が入っています。頭を左右に振ることができますので、お好みのポーズでお楽しみ下さい。

また、手足の付け根部分はわたを入れずに柔らかく曲がるようにしており、座らせる時や抱っこする時にフニフニと柔らかく曲がってくれます。
04_後ろ姿21297.jpg

【座り姿】(背面)

ウルトラマンタロウの特徴である肩・頭部・ブレスレットの装飾が映える後ろ姿にも存在感があります。

また、頭、肩、腰部分に使ったグレーのファーはとても味のある生地で、毛先が白くて根元の方は少し濃いグレーになっており、植えられている毛の繊維が濃淡数色混ざっているので、毛並みに陰影がとても出やすく、毛の流れ方や光の加減で表情が変わるので、おもしろい風合いを出していると作者は思っています(^^)

09_上から21296.jpg

【上から撮影】

ちょっとキリッとした姿に…見えます?
(`・ω・´)

10_下から21303.jpg 【下から撮影】

なかなか堂々とした姿。鼻口がうさぎです。貫禄あるね…(^^)
 
11_頭部21302.jpg
IMG_9510.jpg

【頭部・胸部装飾】(鋲・ランプ等)

額のランプは樹脂製のラインストーンにシルバー色のミニチュアファーを巻きもふもふの飾りにしました。頭部の突起は本体と同じ生地で、鋲は毛を短くカットした本体生地に金色のミニチュアファー製の鋲を取り付けています。

胸のランプは半球状のガラスカボションの平らな底面に深い青色のミニチュアファー生地を貼って青いランプを表現、カボションの周りにシルバーのミニチュアファーを巻いて縫い留め、グレーの本体生地の毛を短くカットした菱形状の土台に縫い付けて立体感を出しました。額(樹脂)、目(天然石)、胸(ガラス)等を除き、極力毛足のある生地を使った表現をしています。

14_飾り鋲21313.jpg IMG_9514.jpg 【肩~背中装飾】

肩の部分は鋲を3段に並べています。オリジナルのタロウと同様のイメージにするために、毛先が白いグレーのファーを縫い詰めて3段のライン(白い部分)が出るように表現し、それぞれのラインに鋲装飾を施しました。
(下の写真は肩の装飾を広げて撮ったもの。左半分は毛並みを整え、右半分は毛並みを崩してみた状態です。)
IMG_9508.jpg 【鋲】(金色のスタッズ)

頭・上半身・ブレスレットに付けた全63個の鋲は樹脂のカシメ芯に1つずつミニチュアファーを巻いて丸く縫い留めて手作りしました。いずれの部位もグレーの本体生地を土台に鋲を配置し、ボンド接着とカシメ部品で外れないよいうに固定しました。頭とブレスレットは土台の毛を短くカットしています。
12_うさぎ目と鼻口21308.jpg 【うさぎらしい目と鼻と口】

おもちうさぎのチャームポイントでもある鼻と口。そして直径18mmの大きな球状のオニキスを使った丸く出ている目。目の周りは黄色系のフェルト生地数色を重ねて立体的に造形しました。鼻、口、目の周りは毛をカットしています。うさぎらしさを大事にしながら表情を制作しました。
 
15_タロウブレスレット21306.jpg

【タロウブレスレット】

ウルトラマンタロウ初期に身に着けていた鋲付きのブレスレット。本体と同じグレーのファーの毛を短くカットして鋲を付けました。このファーは毛の長さを切って変えることで色や毛の質感が変わり表情を楽しめる素材です。武器として取り外せる感を出したいので少し緩め風にしながらも太い糸で外れないようにしっかり縫い留めています。

13_耳21312.jpg 【うさぎの耳】

ウルトラマンタロウの姿を目指していますがあくまでうさぎという作品です。優しいピンク色のウールフェルト地の内耳はおもちうさぎ作品の特徴です。
 
16_毛並みを変えて21318.jpg 【毛並みを変えてみる】

この作品は毛足が約25mmと長く、毛先に動きが出やすいので、抱っこしていると毛の流れに変化が出てきます。きれいに整えた状態とはまた異なる風合いも楽しめる作品です。
 
18_お手入れブラシ21322.jpg17_毛並みを整える21321.jpg 【毛並みのお手入れ】

この作品は毛足の長いアクリルファーを使用した作品です。ぬいぐるみ作品の特徴である表面の毛並みを時々お手入れすることで、ほこりを取り除き、経年の劣化を遅らせて作品の質感を永く楽しむことができます。今回作品には写真のようなお手入れ用のブラシをお付けしています。触っているうちに変わってくる毛の流れを時々もとの状態に整えてあげて下さい。添付のブラシを軽く握り、作品の表面を毛の流れる方向に優しくなでます。強い力で毛をとかしたり流れとは逆向きになでたりすると毛が抜けることがありますのでお気をつけ下さい。
 
20_21289.jpg このように各部位にたくさんのこだわりを持って作りました。タロウオモチを末永くよろしくお願い致します。


Twitterでも作品の最新情報、動画等を随時発信致します。→@margaretbear